green days

Fh000023

日を追うごとに
木々のみどりが濃くなってゆく。
もうすぐ私の生まれた季節。
一年でいちばん好きな季節がやってくる。

one morning

055_16_1

過ぎ去りし日々。
夢のよう。

わたしにとって、家族同然ともいえるひとが病に冒されているとわかったのは
つい2週間前のことだ。
時に母のようでもあり、仲の良い姉のようでもあり、いつも私のことを可愛がってくれた。
もともと病院嫌いという理由もあったにせよ、私たちに迷惑がかからないようにとここまで我慢していたとは、ずっと誰にも言えずにひとりで胸の中にしまっていた事を考えると、あまりにも切ない。

このブログを読んでくれているひとは、両親やパートナー、子供達に囲まれて暮らしているかもしれないし、職場や学校から帰ってきて、ひとりで真っ暗な部屋の電気を点ける時に少しだけ寂しさを感じているひとかもしれない。
自分が病院に行くことによって誰かに迷惑が掛かるなんて事は絶対にないし、反対に自分がひとりだからって、自分の事を悲しんでくれるひとがいない訳じゃない。この日記を読んでるみなさん、体調がおかしいな、と思ったら、そしてそれが長く続くようなら、無理せず我慢せず、ゆっくりと休んでください。嫌いだろうが、必ず病院に行ってください。
あなたのことを心配している人がいるのです。

あなたはひとりではないのですよ。

I think I've caught a cold.

どうも風邪をひいたみたいだ。
先週の金曜日、12時間以上も立ちっぱなしで、ほとんど飲まず喰わずで仕事をしていた。
昨日ずっと頭が痛かったのはそのせいだろうな。

ちょっと早いけどもう寝ることにしよう。
こんな時は、音楽だけが唯一の仲間だ。
さて、何を聴こうか・・・

皆様もどうかご自愛ください。。。


Fh010023

焼肉食べる会

本日はタイトルのとおり、写真仲間で近所に住んでいるTさんと春日くんと3人で、焼肉を食べてきました。
うちの近所にある焼肉屋なんだけど寄席、というものすごいお店に行ってみたいねー、とTさんと話していたのがきっかけ。隣の駅に住んでいる春日選手も誘って、大食漢2名と風邪ひいて熱が下がったばかりで病み上がりの胃痛持ちの私で焼肉屋。胃薬を飲んで参戦したのはいうまでもありません。

お店の2階が寄席になっていて第三月曜の夜は落語を聞けるようです。そういえばたまーに「ワハハハ」って笑い声が聞こえてきてビックリしたっけ。店内は桂三枝師匠や桂歌丸師匠(なぜ歌丸師匠はかつら、と打つと「カツラ」と変換されるのだろう)大御所の写真が。。。
壁や天井、所狭しとポスターやら色紙やらメニューやらがびっしり張られていて、なんだか古き良き昭和時代にタイムスリップしたようです。

Pa0_0005

Pa0_0002_2

焼肉なんて本当に久しぶりだ。春日選手に「そういえばいつも胃が痛いって言ってるよね」って言われたような…。大人はね、若者と違って胃が痛い位大変なのですよっ!若者2名に負けじと頑張って食べ、飲み・・・
うーんおとうちゃん頑張ったよ、な気分です。
気合い入れて髪の毛をひっつめていったのに(いや、実際は匂いがつかないようにしばっただけなんだけど)、ほどくとお肉とタレの甘〜い香りが…。もう食べれないよ〜〜

Pa0_0001

Pa0_0000

Pa0_0004
(なぜ「水曜どうでしょう」?)

O da Q line

謎のタイトル、
小田急線のことです。

都心から、海や山へ向かう。
途中には高級住宅地や、昔ながらの商店街のある庶民の街もあれば、
みどりの芝生の庭の広がる新興住宅地、いくつかの川を越えて行くと、
広がる田園風景の向こうには富士山が。

電車に乗っていると、おじいちゃんおばあちゃんから、赤ちゃんを抱いた若いお母さん、
学生からサラリーマン、箱根や江ノ島に向かう観光客、
夏はサーファー達や丹沢の登山客、いろんな年代の、実にいろんな人達がいる。
休日の電車に乗って、そんな人達をひそかに観察したりして。

以前就職してすぐに住んでいたところは新興住宅地だったので、
家を買ったばかりの限られた年代の人しかおらず、私にはなんだか不自然に感じられた。

白地に青いラインの電車を見るとなんだかほっとするのは、そんなことがあったからなのだろうか。

Rollei_c_tky005

Rollei_c_tky004

Rollei_c_tky003

はじめての、カラープリント

日曜日、師匠の暗室でプリントをしてきた。
いつものblack&whiteのフィルムではなく、ネガフィルムからのカラープリント。
モノクロと違ってなんとなく敷居が高そうだなぁと思っていたけど、露光した印画紙を自動の現像機に入れてしばらく待つだけで、機械からプリントがにゅ〜っと出てくるのです。

うちに帰るといつも待っててくれる、飾らない風景たち。
冬のやわらかい光が、ましかくの画面にあふれている。
あの時感じたキモチが、そのまま、みんなに伝わるといいな。

(※今回は時間切れでプリントできなかったものをUPしてみます。次回の暗室解放が楽しみだな…)

Rollei_nc059

Rollei_nc058

Rollei_nc061

Rollei_nc068

Rollei_nc063

冬のHOLGA

冬のホルガ
って、なんだか韓流ドラマみたいだけど…(^^;

FUJI PROVIA 400Fで撮ってみました。
王様とはいえトイカメラに高いフィルムの組み合わせ、もったいないとは思うけれど、使わないで冷蔵庫で眠っているほうがもっともったいない。
外は真っ青、冬の空。

初めてポジで撮ってみたけど、意外に良く写るのね。
ピントが甘いのは、ご愛嬌…

Holga_c001

Holga_c003

Holga_c004

Holga_c006

Holga_c005

Holga_c007

家族の風景

ベランダから
私を呼ぶ
母の声。

Rollei_nc054

ハナレグミの唄が聴こえてきそうです。

冬を越えて

来たるべき
花咲く春に向かって
根を伸ばす。

Rollei_nc057

instagram

  • Instagram

最近のトラックバック

無料ブログはココログ