西桟橋午前10時

1306683204286.jpg

八重山にっき 波照間島編

2007.11.14 - 11.16 竹富島

午後3時、石垣島から無事出航した船は波照間島へと向かう。1時間で着くのだけど海が荒れるとそれ以上かかるらしい。念のため酔い止めを飲んで目を閉じる。ウトウトしているうちにあっさり波照間島に着いてしまった。

宿は90歳を過ぎているおじいがひとりで切り盛りしている。さすがに食事は作れないので素泊まりのみなのだけど、そのかわり格安の料金で泊まることができる。おじいは滅茶苦茶パワフルで、いつも大声で長々と話す。耳の遠いお年寄りはどうしてもそうなってしまうんだよね。で、同じように耳の遠かった祖父や祖母のことを思い出しながらおじいの話につきあってみた。

島は結構広く、自転車で一周するにはちょっときつい感じ。レンタルバイクを借りようかとも思ったけど、おじいに勧められるままに宿の自転車を借りてしまった。さとうきび畑が広がるなかにポツンポツンと集落がある。部活帰りの中学生が、ざわざわと鳴るさとうきび畑をまっすぐ伸びる道を黙々と歩いている。さとうきびをネギに置き換えるとわたしの中学生時代と全く変わらない風景だ。
風が常にびゅーびゅーと吹いていて、頭の中のムズカシイ部分がすっ飛ばされてしまったみたい。(よしもとばななさんも書いていたけど)きっとUFOが降りてきても驚かないだろう。派手な観光スポットなんて何もない。宇宙のなかにぽつんと浮かんでいる島みたいだ。

島を出る前の日の夕方、相撲の中継を見ていたおじいに声をかけた。画面に映った白鵬を見て、話がいきなり大和民族とモンゴルや大陸の民族の話にぶっ飛んだ。曰く…
「日本はもともと大和民族しか住んでいなかったんでしゅ!それが、モンゴルや朝鮮、大陸から民族がやって来て、大和民族は日本の北と南の端に追いやられてしまったんでしゅ!!だから北海道のアイヌと私たち沖縄の人はオリジナルの日本人なんでしゅ!!モンゴルの力士が日本人みたいな顔をしているのは、普通の日本人のルーツがあっちからやって来たからなんでしゅ!!」
あっけにとられる私におじいは「あんたの先祖もモンゴル人かもしれましぇん!」と言って、ニヤリと笑ったのだった…。

_0012482

_0012469

_0012526

_0012506

_0012504

_0012486

_0012531
↑パーラーみんぴかのかき氷


_0012552
↑本当の日本最南端の地にて

携帯電話をなくしかけたアクシデントで(島のひとが届けてくれたお陰で戻ってきました。本当にありがとう)お世話になった駐在所のお巡りさん、おじいの親戚の波照間空港の所長さん、同じ宿の神戸の女子大生チーム、自転車で日本一周の旅をしてる若者、そして竹富島で初日一緒だった広島のKさんとバッタリ再会など、ここでもいろいろ出会いがあった。また石垣で乗り継いで、那覇からは夕焼けからだんだんと薄紫に染まってゆく空を見ながらのフライトだった。竹富島では新月だったので星がとても良く見えたのだけど、気が付いたら三日月をすこし過ぎた月が、B747の機体を追いかけてきた。。。

今年はこれで最後のentryになります。今年もこのブログを読んでくださってありがとうございます!
しばらくPCから遠ざかってしまうので返信できないと思います。みなさま、よいお年をお迎えください!

八重山にっき 石垣島編

2007.11.14 石垣島

朝2番目のフェリーで竹富島から石垣島に渡る。11時発の波照間島行きのチケットを買おうと思ったら、2時間前にも関わらず既に満席・・・orz
しかも次の便は15時で、あと6時間もあるよ、どうしよう・・・。
バスの時刻表を見ると、5分後に川平ビーチに行く便があるらしい。とりあえず飛び乗ってみた。

写真でよく見るあの美しいビーチは、修学旅行生と台湾の団体ツアー客に占領されていた。なんだ、ココってもしかして日本三大ガッカリ観光地なのか?!あまりの人の多さにうんざりして、すぐに帰りのバスに乗った。行きの便はリゾート線だったので海沿いに来たけど、帰りの便は普通の路線バス。乗客は私だけで、ルートも遠回りだ。運転手のにいにいがガイドがわりにいろんな話を聞かせてくれた。米原ビーチ、ヤエヤマヤシの群生地、於茂登岳、底原ダム…石垣島の半分を一周したことになり、思わぬところで観光を楽しんでしまった。偶然の幸せに感謝。

バスを降りたあと、市場や路地裏をふらっと歩いてみた。そして午後3時、船は無事波照間に向かって出航。
いよいよ最南端の島へ…。

_0012436

_0012443

_0012445

_0012458

_0012453

_0012455_2


 

八重山にっき 竹富島編

2007.11.11 - 11.13 竹富島

初めての沖縄。那覇も石垣も乗り継ぎだけで、離島桟橋から船に乗って竹富島へ。
ただのんびりしたいだけ。他に目的はなにもない旅。
ANAの機内でずっと流れていた沖縄ミュージック、Kiroroとてぃんがーらのうたがやわらかい海の色と重なって、ずっと耳から離れない。
日中は日帰りの観光客でぎっしりの水牛観光車で賑わっているけど、石垣島に戻る最終便が出てしまうと、島はゆったりとした時間につつまれる。自転車で集落をぐるぐる廻っていると、なんだか実家に帰ってきた気分。昔うちで飼ってた白黒猫にソックリな子が、珊瑚でできた石垣の上で寝ている。
夕食の後は同じ民宿に泊まっているみんなと宴会。「やきそばちゃん」という栄光のニックネームをいただく。酔っぱらったメンバー一同、満場一致で西桟橋ま で星を見にゆく。天の川も蛍も、生まれてはじめて見た。今日知り合ったばかりの6人が、昔からの仲間みたいに一緒に星を見ている。奇跡のような夜だった。
次の日も、その次の日も、海は青くて穏やかで、何も考えずに自転車で島中を走り回っていた。大人の夏休みって感じだなぁ。。。


_0012276

_0012305

_0012265

_0012325

_0012338

_0012401

_0012385

_0012430

_0012413

_0012283

_0012286

今日の日記、実は帰って来てからすぐに勢いで書いた文章なので、長くとりとめのない文章になっちゃいました。続きはお時間のある時に、どうぞ・・・

続きを読む "八重山にっき 竹富島編" »

波照間より

先週末、初の八重山一人旅から戻ってきました。
一週間留守にしている間に、東京は秋を通り越してすっかり冬になってしまったようだ。2000kmという距離以上に失われてしまった何かがあるみたいな感じで、なんだか落ち着かない気分…

現地では、島に暮らす人、それから東京や京都、広島や九州、遠くオーストリアから来た旅人と話す機会がありました。ほんとうに、いろんな出会いがあった。
書きたいことは沢山あるのだけど、ゆっくりMacに向かっている時間がないので、結論から先に書くことにしてみました。
波照間島から石垣に帰るのは、行きに乗った船でなく飛行機。これが間違いなく人生ベスト3に入る位、忘れられない素晴らしい体験だったのだ…!

----------

朝、宿のおじいの親戚の、波照間空港の所長さんに車で迎えにきてもらう。
誰もいないちいさな空港は、間違いなく昭和のある時点で時計が止まってしまったような雰囲気で、カウンターには荷物や乗客の体重を量るはかりがある。9人乗りのプロペラ機は乗客と荷物の重さで座る席が決められてしまうのだ(!)
眼下に珊瑚礁や小さい島を見ながら(放牧されている牛まで見える)、夢のような30分の空中散歩。

残念ながら、石垣ー波照間のこの路線は今月いっぱいで廃止になってしまうそう。

_0012575

_0012573

_0012572

_0012577

_0012587

_0012584

-------

さっき、帰りに寄ったスーパーで沖縄物産フェアをやっていて、「島とうふ」と書かれたパッケージを手にぼんやりと立っていると、初老の女性に話しかけられた。
私が「先週沖縄に行ってきたばかりなんです」と言うと、その女性は「私は足が悪いから…いつか行けるかしら」と少し寂しそうな笑顔。
しばらく立ち話をしながら、ずっと(大丈夫、人生何がおこるかわからないから…)と、言おうか迷った。結局、言わなかったのだけど…。

まだ、なんとなく、ずっと旅が続いているような気がしています。きっとこれからも…

果ての島

果ての島

果ての島
只今、日本最南端の波照間島にいます。

波照間の意味は、果てのうるま(さんご)というそうです。

11月でもまだ泳げます。人も少なく、のんびりしています。。。

島へ

島へ

島へ

島へ

島へ

飛行機と船を乗り継いで、竹富島までやってきました。
初沖縄なのに那覇も石垣もスルーです。

島は猫だらけです。
夜空の星がものすごくキレイです。
ホタルも夜光虫も生まれて初めて見ました。

日記、随時アップできたら、します。Macを持ってきていないのでなかなかお返事できないかもしれませんが、あしからずm(__)m

instagram

  • Instagram

最近のトラックバック

無料ブログはココログ