« 果ての島 | トップページ | 勝った!! »

波照間より

先週末、初の八重山一人旅から戻ってきました。
一週間留守にしている間に、東京は秋を通り越してすっかり冬になってしまったようだ。2000kmという距離以上に失われてしまった何かがあるみたいな感じで、なんだか落ち着かない気分…

現地では、島に暮らす人、それから東京や京都、広島や九州、遠くオーストリアから来た旅人と話す機会がありました。ほんとうに、いろんな出会いがあった。
書きたいことは沢山あるのだけど、ゆっくりMacに向かっている時間がないので、結論から先に書くことにしてみました。
波照間島から石垣に帰るのは、行きに乗った船でなく飛行機。これが間違いなく人生ベスト3に入る位、忘れられない素晴らしい体験だったのだ…!

----------

朝、宿のおじいの親戚の、波照間空港の所長さんに車で迎えにきてもらう。
誰もいないちいさな空港は、間違いなく昭和のある時点で時計が止まってしまったような雰囲気で、カウンターには荷物や乗客の体重を量るはかりがある。9人乗りのプロペラ機は乗客と荷物の重さで座る席が決められてしまうのだ(!)
眼下に珊瑚礁や小さい島を見ながら(放牧されている牛まで見える)、夢のような30分の空中散歩。

残念ながら、石垣ー波照間のこの路線は今月いっぱいで廃止になってしまうそう。

_0012575

_0012573

_0012572

_0012577

_0012587

_0012584

-------

さっき、帰りに寄ったスーパーで沖縄物産フェアをやっていて、「島とうふ」と書かれたパッケージを手にぼんやりと立っていると、初老の女性に話しかけられた。
私が「先週沖縄に行ってきたばかりなんです」と言うと、その女性は「私は足が悪いから…いつか行けるかしら」と少し寂しそうな笑顔。
しばらく立ち話をしながら、ずっと(大丈夫、人生何がおこるかわからないから…)と、言おうか迷った。結局、言わなかったのだけど…。

まだ、なんとなく、ずっと旅が続いているような気がしています。きっとこれからも…

« 果ての島 | トップページ | 勝った!! »

コメント

おかえりー♪

色んな出会いがあったんだね
人であったり、景色であったり、空間であったり・・・
ただ写真を見てるだけだと綺麗だなって、それはそれで感動するんだけど
muroちゃんが感じた事を一緒に読みながら見ると気持ちまで伝わってきそうです
凄くいい旅だったんだね
心の中でずっと続く旅、なんだかステキな経験したんだね、羨ましいよ

コトバにはできなかったかも知れないけど
おばあさんに伝わるものがあったかもね
ほんと何があるか分からない
きっと・・・願えば叶うと、私は思うよ

rosyちゃん
今シーズン2度目の風邪で、今週はかなり×××でした。rosyちゃんも気を付けてくださいね!
個人的には…沖縄って癒しの島と言われたりするけれど、移住者が増えてきたり開発による環境破壊など、田舎育ちの私には自然賞賛だけでない重たい問題も感じた貴重な旅になりました。機会があれば書きたいと思うのだけど…。
だけどそんな事はおいといて、すばらしい体験をいろいろしてきましたよ!

そうだね、願うってことは、何かしら行動を伴うことだと思います。だからこの先はホントに何があるか…わからないよね!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60608/17148920

この記事へのトラックバック一覧です: 波照間より:

« 果ての島 | トップページ | 勝った!! »

instagram

  • Instagram

最近のトラックバック

無料ブログはココログ